2010年 05月 21日
たとえば2500年後...   
e0185309_9334627.jpg


2500年前の人々が乗っていた"自転車“と呼ばれる乗り物が、

今日未明、埼玉県浦和市の用水路で発見されました。

専門家によりますと、この乗り物は当時の人々の間ではわりと一般的ですが、

用水路から発見されたのは、極めて珍しい例だと言う事です。


的な....。


僕達が縄文土器を観るように、自転車もちょっとしたニュースになるのでしょうか?

なんて、想像するのがオモシロい。

2500年たっても“自転車”が現役で走ってたらタフですね。




見城

by tokyobikegallery | 2010-05-21 10:07 | etc...


<< 台湾の工場見学にて      お菓子売ってます >>